留学やワーホリ前に必ずクレジットカードを作るべき理由!海外プリカより手数料が安い・便利・安全?

留学時の送金手段としては、海外送金(国際送金)キャッシュパスポートマネパカードデビットカードクレジットカードといったものがあります。

目次

留学時の送金は1つの課題である

留学時の送金に「海外送金(国際送金)」を使うと、手数料だけでも数千円を銀行に支払うことになり、さらに為替手数料も数%かかってきます。

とくに大きな金額を送金する場合、手数料が合計で数万円かかってしまうことも珍しくありません。

こうした手数料を少しでも安くするための方法として、まず挙げられるのがキャッシュパスポートやマネパカードなどの(海外プリペイドカード)を利用する方法です。

ただし、海外プリペイドカードは不正利用対策に弱かったり、手数料が割高。かつ国内での利用価値がなく、果たして1回の留学のためにわざわざ持つ意味があるのか…?と考えると、正直持たなくてもいい。というのが筆者の考えです。

デビットカードやクレジットカードを工夫して使う方がいいかも

クレジットカード

筆者も海外留学・渡航時に海外プリペイドカードの利用を検討していたことがありますが、結局は「クレジットカードを2枚以上持っていくべき」という結論に行きつきました。

海外渡航時にクレジットカードを持っていくメリット

ざっと調べるだけでも、下記のメリットを享受できます。

  • 海外旅行保険付帯カードで急な通院・入院の医療費をカバーできる
  • 海外キャッシングを利用して現地通貨をすぐ入手することができる
  • 万が一紛失盗難に遭遇場合の保険がある・カード利用停止もすぐ実施できる
  • 海外向けにメリットが大きい特典・還元率アップが適用されるカードを利用すればお得度も十分にある

学生向けの定番カードとしては、学生専用ライフカード・セゾンブルーアメックス・エポスカードあたりが鉄板でしょうか。卒業していても長く活躍するカードとしてはエポスカードですね。

国際ブランドについて

国際ブランドにはVISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブなどがあります。

海外で利用するなら、世界でもっとも加盟店数が多いVISA・Masterを1枚は持つのがオススメです。

たまに、VISA・Masterブランド以外のクレジットカードが使えないお店が出現します…。

とはいえ、昔ほどアメックスが使えないお店も減っているような気がします。

ライフカード(Master)+セゾンブルー(アメックス)と、異なる国際ブランドで1枚ずつ以上のカードを持っていればまず間違いないでしょう。

▼その他の留学準備についてはこちらの動画がおすすめです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる